株式会社ファブレス   アクセス  お問い合わせ  不動産用語集
 
弊社では、お客様の多様なご要望にお応えすべく、不動産マーケットにおける豊富な経験と深い専門性を融合した総合的なコンサルティングをご提供しております。

土地建物の権利者様やマンションの管理組合様などに対して、等価交換や共同建て替えなどといったコンサルティングメニューを日常的にご案内させていただいております。

不動産についてお客様がお持ちの様々な問題を解決するためのソリューションをご用意しております。どのような事でもお気軽にご相談ください。
 
等価交換とは土地の権利者がディベロッパーと共同で建物を建設する共同事業による建設方式です。土地の権利者が所有または借地している土地にディベロッパーが建設資金を負担して建物(マンション等)を建設します。完成した建物の住戸等は土地の権利者とディベロッパーが、それぞれの出資割合に応じて取得、一般に分譲します。

等価交換する事で、不動産の所有者が個々に抱えている問題の解決に結び付きます。
不動産にも付加価値がつきますので、一層のパフォーマンスを発揮することが可能になります。
マンションは適切な修繕や改修等によって、建物を長持ちさせることが大切ですが、いずれは修繕や改修では機能や性能を回復できずに建て替えを検討しなければならない時期が訪れます。

老朽化マンション建て替えとは、老朽化している現在のマンションを取り壊して、新しいマンションを建築する事を指します。この場合、マンションの建築方法は大きく三つに分類されます。
@現在のマンションの敷地に新しいマンションを建築する。
A敷地を隣接地と一体化し、その上で新しいマンションを建築する。
B敷地の一部を処分する等、土地を縮小し、その上で新しいマンションを建築する。

マンションは一つの建物を複数の方が区分所有しています。従ってそれぞれの区分所有者が意思を統一・決定する事が必要となります。

更に、建て替え時は資金負担も大きな問題となります。建て替え・修繕についての費用対効果を比較検討して、建て替えの必要性についても区分所有者の間で理解を深める必要があります。
共同建て替えとは、複数いる土地の権利者が、共同で建物を建設する事業形式を指します。
土地の権利者が建設資金を負担し合い、マンションやビル等の建物を建設します。

共同建て替えを行う事で、土地権利者が個々に抱えていた問題を解決する事につながります。
さらに建物に付加価値がつき、不動産のパフォーマンス向上に結びつきます。

共同建て替えの所有形態は、【縦割り】・【横割り】・【共有】・【地権者法人所有】の大きく四つに分類されます。

建て替えにどの形態を適用するかは目的や権利関係等によって異なります。
「将来の経営に不安がある」・「後継者がいない」・「引退を検討している」...。

このようなお悩みに対して、お客様目線で事業継承を見据えたご勇退(リタイアメント)プランをご提案いたします。

お客様のご経営されている企業の状況について、優先順位をお聞きしながら各種のコンサルティングをご提案します。
企業の内部・外部環境などをお聞きして、取り組むべき課題を洗い出し、コンサルティング内容を設計いたします。
@無料相談
後継者問題・経営不安・引退をお考えの方、まずは無料相談で承ります。

Aお相手探し
お聞きしたご要望に合致する最適なお相手をお探しいたします。

B交渉・条件交渉
適正な企業評価や具体的な交渉を経験豊富な専門スタッフが担当します。

C秘密保持
事業継承のご依頼に関する一切の秘密保持を厳守します。
不動産コンサルティングサービスをご希望のお客様はお問い合わせフォームよりご連絡をお願いいたします。
お問い合わせ内容を確認次第、弊社の担当者より折り返しご連絡をとらせていただきます。
住まい・オフィス | 土地活用・運営管理 | 投資・事業用 | 不動産コンサルティング
不動産用語集 | 企業情報 | サイトマップ | お問い合わせ

Copyright © 2010 Fabless, Co Ltd,. All rights reserved.