株式会社ファブレス   アクセス  お問い合わせ  不動産用語集
 
住まいを売却することは、何度も経験する事ではないと思います。
ここでは住まいの売却について、ポイントや流れ、注意点などを解説します。

売る理由の確認
ライフスタイルや家族構成の変化、環境・経済状況の変化など、住まいを売却するのにはいろいろな理由があると思います。
この際、売却する理由を具体的に整理する事で、売却価格や時期などの条件面を明確にする事ができます。
また新居を購入するか賃借するか・今の住まいを売却せずに賃貸するかといった住み替えの判断もイメージできるようになるかと思います。
売却する理由が整理できたら、次は売却の流れを見ていきましょう。
一般的な買い手を探す「売却」の他に、不動産会社が買い取る「買取」の場合もあります。

@ 相場を知って、売却価格の目安を立てる
売却すると決めたら、いくら程度で売れそうかの目安を立てます。まずは、物件の周辺相場を知ることから始めるとよいでしょう。

A 不動産会社を探す
住まいを売却するためには、信頼できる不動産会社との出会いが大切です。まずは、不動産会社の情報を幅広く収集しましょう。

B 物件価格の査定を依頼する
物件価格の査定を依頼するところから、不動産会社との付き合いが始まります。
売却する住まいの価格を、不動産会社にプロの目で査定してもらいます。
物件価格について多くの意見を聞くために、複数社に査定を依頼してみるのもよいでしょう。

C 不動産会社に仲介を依頼する
不動産会社へ売買の仲介を正式に依頼する場合は、媒介契約を結びます。
主な媒介契約の形態は3つありますが、自分の希望する売却方法などを踏まえて、どの契約を結ぶか決定しましょう。

D 不動産を売り出す
売り出し価格は、その後の売却活動に大きく影響します。
自分の希望売却価格だけではなく、不動産会社の査定価格や周辺の売却事例、市場の動向を踏まえて、慎重に決めましょう。

E 購入希望者と交渉する
購入希望者が現れたら、売却条件を交渉します。
もちろん価格の条件は最も重要ですが、その他の条件についても、譲れる点と譲れない点を明確にして、交渉を進めましょう。

F 物件情報を開示する
売買契約を結ぶ前に、物件に関する情報をできるだけ正確に購入希望者へ提供しましょう。
特に、契約締結後のトラブルを防止するためには、物件の不具合や欠陥などを誠実に購入希望者に伝えることが大切です。
不動産会社が仲介する場合は、「重要事項説明」という制度に基づく説明を行いますので、不動産会社の物件調査に協力しましょう。

G 売買契約を結ぶ
売買条件を合意したら、買い主と売買契約を結びます。
このとき、一般的には物件価格の10〜20%程度の手付金(契約金)を受け取ることになります。
売買契約を結ぶに当たっては、しっかりと契約内容を確認しましょう。

H 不動産を引き渡す
引き渡し手続きでは、売買代金を受領するのと同時に、登記申請(抵当権抹消、所有権の移転等)を行います。
細かな設備・備品等の取り扱いなどについても、買い主と現地立ち会いを行った上で十分に確認をしましょう。
また、引き渡した後の税務申告などの手続きも漏れのないよう気をつけましょう。
個人が資産を譲渡して利益が出た場合には、その利益を譲渡所得として所得税・住民税がかかります。
住宅などの不動産を譲渡して得た所得の場合には、給与所得や事業所得などの他の所得とは別に、所定の税率によって課税されます。

また、この他に譲渡して利益や損失が出た場合の税金を軽減する特例がございます。詳しくはお問い合わせください。
お住まいのご売却に関するお問い合わせは、お問い合わせフォームよりお願いいたします。
お問い合わせ内容を確認次第、弊社の担当者より折り返しご連絡をとらせていただきます。
住まい・オフィス | 土地活用・運営管理 | 投資・事業用 | 不動産コンサルティング
不動産用語集 | 企業情報 | サイトマップ | お問い合わせ

Copyright © 2010 Fabless, Co Ltd,. All rights reserved.