株式会社ファブレス   アクセス  お問い合わせ  不動産用語集
 
不動産用語集
 
あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行 英字・他
 
ら行
ラーメン構造 柱と梁で建物の荷重を支える構造形式で、柱と梁が接合する部分が変形しにくい「剛接合」となっているものです。鉄筋コンクリート造、鉄骨造で、用いられ、中高層マンションで用いられることが多く、住戸内は比較的大きな部屋を作ることができます。
ランドリーパイプ 浴室内に設けられた洗濯物を干すためのパイプのことです。
ランニングコスト 住宅・マンションを維持する為に定期的に発生する費用で、管理費・修繕積立金の他に固定資産税等を指します。
欄間 天井と鴨居の間のこと(障子や襖と天井までの空間)で、明かり取りや換気などに用いられるスペースのことを指します。
リーシング 一般的にはリース業務や賃借のことを指しますが、不動産業界においては賃貸の不動産物件に対してテナント付けを行い、仲介業務を行うことを意味します。
利子補給 企業が社員の住宅取得をバックアップするためや、国や地方自治体が被災者等を支援するためにローン借入金の利子を負担することです。
リシン吹きつけ 外壁の仕上げの一種で、モルタル下地の上にセメントリシンやアクリルリシンをスプレーガンで薄く吹き付ける方法です。本来は大理石などの細かい砕石を混ぜたモルタルを塗って、完全に硬化する前の状態のときに、クシ状の金具やブラシで引っ掻いて、表面を粗く仕上げる工法ですが、最近はほとんどが前者の方法を言います。
リスクプレミアム 株式などのリスクの高い証券に投資する際に、長期国債などのリスクの低い証券の利回りに対して、リスクを取るに見合うだけの上乗せをした部分の利益のことです。
リノベーション 不動産事業において、既存の建物に大規模な改修工事を行うことで用途や機能を変更して性能向上させ、価値を高めることです。
リファイナンス 一般的には借入金の借り換えのことをいいます。事業等の存続のため、既存の資金調達方法をを変更する必要が出た際に、元本の償還等を確保するため、新しく資金調達を行うことです。
琉球畳 沖縄のいぐさを使用した、縁が無い正方形の畳のことで、最近では単純に正方形の畳を指すケースも見られます。
リロケーション 賃貸住宅の管理形態の一種で、転勤により一定期間だけ空家にする住宅を預かり、賃借人の斡旋、建物の維持管理、引越しの手配、家財の保管等幅広いサービスを行う業務形態です。貸主が転勤から帰ってきた際に確実に明け渡す必要があるため、借主を企業に限定しているケースが殆どでしたが、定期借家制度が導入され一般個人にも貸しやすい環境が整備されました。
ルーバー 羽板(はいた)と呼ばれる細長い板を平行に組んで板状にし、取り付けたものです。羽板の取付角度によって、風・雨・光・埃・人の目線などを、選択的に遮断したり透過したりすることができるため、さまざまな箇所で用いられます。はめ殺しになっている場合は「ガラリ」と呼ばれます。
ルーフバルコニー 階下の屋根を利用したバルコニーで、通常のバルコニーに比べてスペースを広く取れる場合が多いことから、ガーデニング等にも利用することができます。
レインズ 国土交通大臣が指定した、不動産流通機構(全国に4団体)が運営するコンピューターネットワークシステムのことです。会員不動産会社の物件情報が登録されており、会員会社はいつでも他の会員会社が登録した物件情報を見ることができます。
レバレッジ効果 投資をする際に、少ない自己資金に借入金を加えることによって、てこ(レバレッジ)の原理によってより大きなリターンを得られる効果のことを指します。レバレッジ効果を生むためには借入金金利が期待収益率より低い必要があります。
レンジフード キッチンのコンロ上部に設置される、「換気扇」と「箱状のカバー」からなる排気設備のことです。
連帯債務 数人の債務者が、連帯して同一の債務の責任を負うことを言います。債権者の側からは、複数の債務者のうち、どの債務者に対しても支払いを請求することができます。
レントロール 貸借条件一覧表のことで、賃借人の質や、賃貸契約の内容を把握するために必要となります。
ローン特約 不動産売買契約に際して、買主が住宅ローンを借りる場合、金融機関名・借入れ希望金額・期限を契約書に明記し、金融機関からその条件での融資が受けられない場合には白紙解約できる、との内容をを定めた特約です。
ログハウス 丸太を水平方向に組み合わせて立てた建物のことです。ログハウスの特徴として、湿度の調整がとても優れており、また木の断熱性の高さから夏は涼しくて冬は温かいということが挙げられます。
路線価 評価される土地に接する道路につけられた価格です。これを基に相続税や贈与税計算の前提となる土地の評価を求めます。路線価額が定められていない地域では固定資産税評価額に一定の倍率を掛けて評価額とします。路線価額は公示価額の80%の水準になるように調整されています。
路線価図 評価される土地に接する道路につけられた価格を現す図です。路線価図は国税庁ホームページで閲覧・印刷することができます。また最寄りの税務署でも閲覧することができます。
ロフト 屋根裏部分を利用した収納スペースのことです。一般的には天井を高くした部屋の上部に床を造った、ハシゴで昇り降りするスペースのことを指し、多目的に利用されます。
レバレッジ効果 借入れ等によって自己資金で行う投資に比べ、レバレッジ(てこ)の原理により投資利回りが向上する効果の事を指す。
リノベーション 賃料単価や稼働率が低下しているオフィスビルや商業施設にリニューアル工事を実施してテナントの競争力を回復させる事を指す。賃料単価の上昇によって満室時の賃貸収入の増加や稼働率の上昇等が見込まれ、空室損失を回避する事を目的としている。
ページのトップへ戻る
住まい・オフィス | 土地活用・運営管理 | 投資・事業用 | 不動産コンサルティング
不動産用語集 | 企業情報 | サイトマップ | お問い合わせ

Copyright © 2010 Fabless, Co Ltd,. All rights reserved.